上御霊神社のイチハツ PENTAX K20D & FA31mmF1.8 Limited

 

 

前回と同じ日で、今回もPENTAX K20D & FA31mmF1.8 Limited で撮った写真です。

京都御所相国寺の北側にある御霊神社。
寺町丸太町を下がったところには下御霊神社があるので、
こちらは上御霊神社とも呼ばれます。

上御霊神社下御霊神社も、
平安時代初期に神泉苑で行われた御霊会が創祀となります。
そしてその御霊会が祇園祭の起源となります。

 

 

 

 

 

御霊神社の南側の外堀に咲くイチハツ(一初)。
イチハツは、アヤメ科の中でも早く咲く花です。

 

 

 

 

 

 

境内摂社の稲荷社の前にもたくさん咲いてました。

 

 

 

 

 

 

以前はこの稲荷社の前にはイチハツはなかったように思うですが、
新たに植えられたのかな。

 

 

 

 

 

 

むかし外堀が湿地だった頃は、堀にはイチハツでなくてカキツバタが咲いていたそうです。
堀が枯れたので似た花、イチハツが植えられました。
イチハツはアヤメと同じく乾いた土で生育します。

 

 

 

 

 

 

江戸時代の画家「尾形光琳」は晩年、ここ御霊神社の近くで過ごしていました。
その光琳の代表作のひとつが「燕子花図屏風」。
カキツバタがたくさん咲いてる絵です。(「燕子花」はカキツバタ、杜若)

平安時代の「伊勢物語」で在原業平が詠んだ一節をモチーフにして描かれています。
在原業平が見た三河の国にある八橋のカキツバタの絵です。
光琳は、御霊神社に咲いてたカキツバタをモデルにして描いた...という説があります。
(大田神社カキツバタとも)

同じく光琳の代表作紅白梅図屏風」のモデルは下鴨神社の「光琳の梅」といわれますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

御霊神社は応仁の乱の発端「御霊合戦」があった地としても知られます。
室町幕府管領の畠山氏の跡目争いです。

東軍・畠山政長には細川勝元が、西軍・畠山義就には山名宗全がつきます。
細川・山名は、室町幕府八代将軍足利義政の後継者問題の権力争いもしていたので、
御霊合戦により戦争の火ぷたが切られることになります。

応仁の乱は11年間続き、京のほとんどが焼け野原となりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本殿裏は新緑で緑に染まってました。

 

 

 

 

 

 

久しぶりに持ち出した一眼レフ機。
センサーサイズはNikon Zfcと同じAPS-Cなので画質的にはあまり変わりませんでした。
ただ、ファインダーで露出とか分からない 。あと、ピントがまず合わない。
だから1枚撮って画像表示して露出やピントを確認して、もう一枚撮って確認して、
と同じ写真を3回くらい撮ることになります。
ミラーレスのNikon Zfc だとファインダーですべて分かるので、
シャッター押したら画像確認すらしないことが多いです。ピントは先ず合うし。
あとは重量ですね。そう考えるともはや一眼レフ機を持ち出す理由は無いかと。
けど合理的な理由は無くても、撮ってる時のその不便さが面白いとも思えたりするので、またいつか持ち出すこともあるでしょう。

 

上御霊神社のイチハツ PENTAX K20D & FA31mmF1.8 Limited (完)
それではまた。。。

 

 

 

 

 

PENTAX K20D & FA31mmF1.8 Limitedを持ち出してみた。

 

 

以前、一眼レフの「PENTAX K-3 II & FA31mmF1.8AL Limited」を使ってたのですが、
軽量・コンパクト化したくて昨年9月にミラーレスの「Nikon Zfc& NIKKOR Z 26mm F2.8」を購入しました。

遠方へ行くとかで軽量化したい時は「Nikon Zfc」、そうでもない時は「PENTAX K-3 II」を使おうとか思ってたけど、ふたを開けると「PENTAX K-3 II」を持ち出すことは無くなりました。
撮りたい気持ちはあるけど、いざ当日になると「今度にしよう」となって、軽い「Nikon Zfc」を持ち出すのです。
「軽量」というのは思ってた以上に自分にとって重要な要素だったみたい。


今回、重い腰をあげて一眼レフを持ち出しました。
せっかく久しぶりだから「PENTAX K-3 II」の前の、その前に使ってた「PENTAX K20D」を持ち出しました。
何か不具合があって使うのを止めたはずだけど、理由が思い出せません。
「ほぼ真っ暗みたいに写る」だったような気はするのですが。
けど、試し撮りしたら普通に写るので持ち出しました。
レンズは43mmも持って行ったけど、ほとんど31mmしか使いませんでした。
古いカメラだから、シャッター音が「キャッ、シャーン!」と凄くうるさいです。
中古で買ったカメラですが、使ってた当時も室内で写す時とかシャッター音がデカすぎて恥ずかしかったです。

あとは写真だけで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

PENTAX K20D & FA31mmF1.8 Limitedを持ち出してみた。(完)
それではまた。。。

 

 

 

 

松尾大社の山吹 2024 春

 

 

四条通りの西の突き当たりにある「松尾大社」。

松尾山は太古の昔からこの地に住む人たちによる、山頂の磐座信仰がありました。
渡来系民族の秦氏は現在の京都西部を開拓し、それらの地を治める豪族となります。
現在の松尾、嵐山、嵯峨野、太秦など一帯です。
そして、松尾山の神を氏神とし、山頂の磐座を麓に遷座して創建。

賀茂氏賀茂社と同じく、京の地に古来からある神社です。
平安京ができてからは王城鎮護の社となります。

秦氏が大陸から持ってきた様々な技術のひとつが「酒造技術」。
平安京が造営された時に「造酒司」(さけのかみ)または(みきのつかさ)という朝廷のお酒を造る部署が設置されますが、その任にあたったのは「秦氏一族」です。
そのことから松尾大社は「酒の神」としても信仰されています。

 

 

 

 

 

 

松尾大社はヤマブキの名所。

境内を横切るように流れる「一ノ井川」周りを中心に、
約3千株のヤマブキが咲きます。

秦氏桂川から多くの水路を引いて水田を灌漑しています。
この一ノ井川も秦氏が開発した用水路の名残りとされます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この日は松尾祭の神幸祭だったので、神輿庫から神輿が出されてました。
神輿は六基もありました。

 

 

松尾大社の山吹 2024 春 (完)
それではまた。。。

 

 

 

 

長岡天満宮のキリシマツツジと錦水亭の藤の花 2024年 春

 

 

長岡京市の天然記念物に指定されている長岡天満宮キリシマツツジ
参道を真っ赤に彩ります。
約100株が約2.5メートルの高さで連なり、最も古い木の推定樹齢は約170年といわれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

隣接する「たけのこ料理」の錦水亭さんの藤も艶やかでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

長岡天満宮キリシマツツジと錦水亭の藤の花 2024年 春 (完)
それではまた。。。

 

 

 

 

 

京北の桜~高雄のミツバツツジ 2024年 春

 

 

京北からの帰りです。

福徳寺の桜。
この奥にある「かすみ桜」はすでに終わってました。

 

 

 

 

 

 

福徳寺の前にある菜の花畑。

 

 

 

 

 

 

下弓削ふれあい広場の一本桜。

 

 

 

 

 

 

弓削川沿いの桜並木。

 

 

 

 

 

 

今年は京都市街のソメイヨシノの開花が遅れたこともあって、
京北へ来るタイミングが遅れたから、全般的に桜は終了気味です。

 

 

 

 

 

栗尾峠越え。

吊り橋の枝垂桜はタイミング外してるっぽいので今年はパスしました。

 

 

 

 

 

 

笠トンネル。

このトンネルがあるから周山街道は嫌いです。
ヒルクライムがきつくなってもいいから、栗尾峠みたいに旧道を整備して自転車用に開放してほしいです。

 

 

 

 

 

 

北山杉の里 中川では清滝川の上を鯉のぼりが泳いでいました。

 

 

 

 

 

 

中川は桜もきれいなんですけど、ほぼ終了してました。

 

 

 

 

 

 

高雄は新緑がお出迎え。

 

 

 

 

 

 

西明寺裏山のミツバツツジ

 

 

 

 

 

 

こちらも葉が目立ってて、終了間際でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

京北の桜~高雄のミツバツツジ 2024年 春 (完)
それではまた。。。

 

 

 

 

 

京北 百年桜とか祇園夜桜小桜とか 2024年 春

 

 

前回の続きで京北の桜いろいろ。

こちらは上黒田の宿泊施設で咲く枝垂桜。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上黒田 地蔵院の桜。

 

 

 

 

 

 

地蔵院の川向こうで咲く桜。

 

 

 

 

 

 

山桜と枝垂桜と2本あります。

 

 

 

 

 

 

青空の下、紅枝垂桜のシャワー。

 

 

 

 

 

 

さらに西へ向かって走ります。

 

 

 

 

 

 

忠魂碑で咲く桜。

手前の咲き始めの桜は、このすぐ先にある黒田の百年桜と同じ品種だと思います。
だから、この桜が咲き始めてるということは、

 

 

 

 

 

 

黒田の百年桜も咲いてました。

 

 

 

 

 

 

急に暖かくなって、この前日くらいから一気に開花したとのこと。

 

 

 

 

 

黒田発電所前の老木の桜。

 

 

 

 

 

 

この大きな枝垂桜もお気に入りの一本です。

 

 

 

 

 

 

ここは桜並木になってます。

 

 

 

 

 

 

離れて見るとこんな風。

 

 

 

 

 

 

常照皇寺前の枝垂桜。
以前は凄い咲きっぷりだったこの木もかなり衰えてきました。
ここ数年見てるかぎりだと、もう復活は難しそうです。

常照皇寺は入ってないけど、
おそらく御所桜は終わりかけ、御車返しの桜はまだ早い、頃合いだった思います。
昨年いい時に寄ってるので今年はパスしました。

 

 

 

 

 

 

昨年見つけた弓削にある八幡宮社の出逢い桜へ寄ってみたけど終了してました。
ここ寄るために常照皇寺から府道61号の峠越えをしてきたのだけど、無駄足だった。

と思ったら、

 

 

 

 

 

 

すぐ近くの民家にすごい立派な枝垂れ桜がありました。
円山公園の「祇園の夜桜(祇園枝垂桜)」の子桜だそうです。

順番でいうと、八幡宮社の出逢い桜のあとに咲くのでしょう。
だから昨年通った時はまだ咲いてなくて気づかなかったのだと思います。

 

 

 

 

 

強烈な咲きっぷりでした。

 

 

京北 百年桜とか祇園夜桜小桜とか 2024年 春 (完)
それではまた。。。

 

 

 

 

花背別所町~京北 桜 2024年 桜

 

 

白峯神宮で咲く鬱金桜。

この日は京都市街の桜はほぼ終了で、
八重桜とかは見頃だったと思うのですが京北へ向かいました。


 

 

 

 

途中で咲いてた藤の花。

 

 

 

 

 

 

鴨川沿いの桜がまだ少し残ってます。

 

 

 

 

 

 

貴船へ来ると新緑。
5月に入ると川床が始まります。

 

 

 

 

 

 

鞍馬寺門前には名残りの桜。

 

 

 

 

 

 

気持ちのいい青天。

 

 

 

 

 

 

花背峠を上って、

 

 

 

 

 

 

越えてきて、花背別所町。

 

 

 

 

 

 

青空の下のハクモクレンは映えます。

 

 

 

 

 

 

三輪神社の鳥居。

 

 

 

 

 

 

参道の桜がきれいです。

 

 

 

 

 

 

この辺りはのどかでいいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

別所町には八重の紅枝垂桜が固まってあって、
この翌週くらいがちょうど良さそうだったのだけど、
翌週は雨だったから今年はあきらめました。

 

 

 

 

 

 

京北へ向かいます。

 

 

 

 

 

 

花脊大布施町にある地蔵院の枝垂桜。

 

 

 

 

 

 

地蔵院横の桜。

この道進んでいくと林道ルートですね。
一度は走ってみたいと思いつつ、まだ行ったことがありません。

 

 

 

 

 

 

477号を西へ向いて走ります。

 

 

 

 

 

 

ここは桜の時期に毎年楽しみにしてるところです。
紅枝垂桜が5本密集しています。

まだちょっと早かった。
一斉に咲き始めたような状態です。

 

 

 

 

 

 

咲き始めで色はきれいです。
翌週は雨で来れなかったけど、盛りは過ぎていたでしょう。

 

花背別所町~京北 桜 2024年 桜 (完)
それではまた。。。